【外道クライマー】

著者 : 宮城公博
集英社インターナショナル
発売日 : 2016-03-25
とても新鮮。面白かったので一気に読了しました。

外道・・・というイメージとは距離のある、ユーモラスなのに知的ですらある、客観的な文章が意外。何より、「那智の滝を登ろうとした」経歴やブログから想像するよりずっと普通で常識的な姿には、頭がいいから、文章中ではそんな風を装えるのかも・・・。
などと、ちょっと邪推してしまったくらい印象的だった。
やっぱり紙の本の執筆は人を真面目にさせるのだろうか?(笑)

「頼りにならない方」のパートナーとの長旅では、普通の人の感情や思いが綴られていて、笑って読める。たぶん、いい人一本やりでもなければ外道でもないけど、ただ山に関しては「(王)道を外してる」気鋭のクライマーってことなのだろう。

その冒険録は、アイスクライミングあり、雪山あり、ジャングルの沢遡行あり、で振れ幅が広くて深く、違う世界を垣間見られる。
それは、以前「サハラに死す――上温湯隆の一生」 http://booklog.jp/item/1/4635047504 を読んで考えた、現代の「初めて」を目指す冒険(の難しさ)と、個人の評価軸での冒険の追及、みたいなものを両極で表現しているようで、興味深い。

・・・なんて世界観は、彼の中にはありそうだけど、こちら側は、深く恐ろしい険谷の遡行や、湿雪と氷の危うい登攀、泥臭いジャングルを行く珍道中のサバイバルストーリーを、まるでドキュメンタリーのように読み終えてしまった。次の冒険も楽しみです。

ちなみに遠い又聞きによると、この人は豪胆に見えて、とても慎重なクライミングをするのだとか。
何か納得です。


↓「サハラに死す――上温湯隆の一生」もとても良かった。







 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← ランキング参加中です。クリックよろしくお願いします♪
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。