北ア・錫杖岳 注文の多い料理店

この予告編で書いていた山行が、やっと片付きます!


憧れ!錫杖岳・・・♡

catchup004.jpg
思えば約1年前の年末山行で、せめて近くに行ってみたくて錫杖の西尾地尾根に来た時

「クライミングで錫杖に行けるチャンスはもうないかもなあ…と思っているから。」

と書いた場所。



みんなが行きたい「注文の多い料理店」・・・自分の実力的には合っていないクラックルートに悩んだけれど、なぜかチャンスに恵まれた。
であれば、やっぱり乗らせていただきます!





が・・・・。





2015.9.27

ワンデイ狙いで日曜朝に取り付きに着いて、雨が上がったばかりの壁を見上げると







どんより

syakujyo_chumon1.jpg

濡れてます。





悩む人々

syakujyo_chumon2.jpg


・・・とりあえず、朝だけど昼寝して乾くのを待つことに










2時間後








「登ろう」 ← クマ姉 


(登るんだ・・・・)   ←   残り全員 (・・・と、後で聞いた)








10:50 先攻、くま&はまPが登った後、ワタクシ仕方がないので1ピッチ目行きました。
だって、後リードできるところがほとんどないもので・・・。





・・・・・






しかして









一ミリも乾いてない。

1P (Momo) 40m

syakujyo_chumon3.jpg

階段状なのに、一手、決死のⅣ級でした(泣)
ここからは、ン年越しの本願を達成するパートナーにお譲りして、ワタクシビレイヤーに徹しますよ〜
ほほほー




2P (コージ)
片足クラック、片足スラブで左上するクラックを上がり、直上する。正対できない系は不安定で苦手だ。。

syakujyo_chumon4.jpg



直上して岩の間からテラスへ上がります

syakujyo_chumon5.jpg




3P (コージ)
出だし、クラックを右に回り込んで張り出した岩の上に上がり、

syakujyo_chumon6.jpg





ハイライトのコーナクラックをまっすぐ上に登る。

syakujyo_chumon7.jpg




上から見ると、よく使われている角度の写真です

syakujyo_chumon8.jpg




高度感あるある。

syakujyo_chumon9.jpg

ようやく日差しが出て、岩も乾き始めました。




ついたテラスは人一人がやっと座れるくらい。なんとか位置を入れ替わる「お地蔵テラス」

syakujyo_chumon10.jpg

なーむー。





全く上が見えないお座りビレイでリードを次のピッチへお見送り。

syakujyo_chumon11.jpg





支点がいいのがとっても嬉しい。この辺り、本チャンと言うより、フリーマルチって感じです。

syakujyo_chumon12.jpg

テラスにぽっかりはまって、空中浮遊感たっぷりの間に、





靄がダイナミックに目の前を流れていく。

syakujyo_chumon13.jpg




4P (コージ)
スッキリしたクラック沿いに直上する、ハイライトその2。
上から見た図

syakujyo_chumon14.jpg





syakujyo_chumon15.jpg




スッキリとして綺麗なクラックです。

syakujyo_chumon16.jpg

地面が小さくなっていく〜




5P (コージ)
テラスから、易しいクラック沿いにブッシュまで。抜けたところでちょっと迷ってウロウロ。

syakujyo_chumon17.jpg

すっかり晴れて、岩も乾き、快適な登攀に♪





6P (Momo)
いきなり振られたスラブ状フェース。ワタクシ、ナチュプロで真面目なリードをしたのは、ここが初めてと言えるかも・・・。

syakujyo_chumon18.jpg

突然岩質が変わり、登り方が変わりドキドキ。怖かった。




7P (Momo)
ちょっとした傾斜を上がると、懸垂に使われている大木があり、終了です。
そこをちょっぴり上がると、山頂が見える台地に出る。

syakujyo_chumon19.jpg

山頂に行く道ってあるのかなあ。





なんだか突然、晴れ渡っていい気分ですが、割合もういい時間なので、さっさと下山しなければ。

syakujyo_chumon20.jpg




中国の水墨画みたいな不思議な雰囲気を漂わせる錫杖の峰々を眺めながら、巻きで懸垂。

syakujyo_chumon21.jpg







モクモクっとな。

syakujyo_chumon22.jpg


下山途中の沢沿いで日が暮れて、沢沿いにルーファイ&ちょっぴり藪漕ぎしながら下山となるのでありました。みなさんがルーファイ能力高くて良かったです。





さて下山したら、すでに夜も更けた19時過ぎ。
明日は月曜日ですが、ここって岐阜県だよね・・・・

話し合った末、今日中に帰宅するのを諦めてのんびり現地でお風呂に入り、食事、途中のパーキングで仮眠してから早朝帰りました。お風呂を諦め、当日中に終電を気にしながら帰るのと睡眠時間は一緒だけど、早めに割り切って休んでから帰る方が、メンタル的にも体的にも楽な気がする。運転も危なくないし、状況が許せばオススメです。



そんなわけで眠い月曜日だったけど、憧れのルートを(無理やり)落とせ(たのに立ち会えて)最高でした!
私はクラック部分をフォールせずに登れただけで、とりあえず満足であります(笑)
  
けど、あれで登ろうって言うなんて、やはり登れるクライマーは根性の入りがチガウのだ。


--------------------------------------------------
北ア・錫杖岳 注文の多い料理店  / 4級下  5.8

2015.9.27
6:00  槍見温泉登山口
8:00   取り付き
10:50 登攀開始
16:30 トップアウト、登攀終了
17:30 取り付き
19:20 槍見温泉登山口



資料はこのあたりを参考に。





 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← ランキング参加中です。クリックよろしくお願いします♪
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/06/29 00:15
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。