東日本大震災から丸3年 - その2

過去ログ移管、続きです。4ヶ月目の東松島でのボランティアです。

------------------------------------------

2011年07月9-10日

猛暑の中2回目のボランティアに行ってきました。


前回同様、金曜夜に集合し、土曜日、1つ目の現場へ。

8:30 作業開始。農家で(元)畑のヘドロ泥出しです。

Read more...

スポンサーサイト

東日本大震災から丸3年

あれから、まる3年の3月11日。山ブログに移管する予定はなかったものの、やっぱり記憶を新たに取っておきたい、とおもった復興支援ボランティアの過去ログ移管です。(長文注意)

-------------------

2011年06月14日

あの震災から3カ月。

忘れてしまわないように、そして被災地の様子を自分の目で見て、お金以外の支援、具体的な何かをしたくて、宮城県東松島市に災害復旧ボランティアに行ってきました。

参加させてもらったのは山登りをする人たちの紹介制コミュニティ。独立した団体として活動を行っている肉体労働派ボランティアグループです。

金曜夜、一緒に行くメンバーと品川駅に21:30集合。東北道をひた走ってAM3時現地入りし、闇の中、そそくさと寝袋に。

6:00起床、朝ごはんを各自済ませ、作業着に着替える。鉄板入り安全長靴、長袖&長ズボンにゴム手袋、防塵マスク、保護メガネに帽子という「制服」姿に。

7:00すぎ、 アップ(?)で宿泊地前の草むしり。 
8:30    小雨の降る中、作業開始。


Read more...

ワイナポトシ山 敗退記 (後編)

2013/12/31 雪

目を開けて、びっくりした。開けてもなお、まったく視界が変わらなかった。
墨を流したような、とはこういうことを言うんだ、と感心するような漆黒の闇。

前日23:30 起床。
起きた瞬間から具合が悪いのがわかった。

深呼吸しても息苦しい。吸っても吸っても酸素が入って来ない。まるで肺が小さく、浅くなってしまったような感じ。

やっとのことで体を起こして隣を見ると、モトちゃんがもそもそとシュラフから抜け出して、袋に詰めて片付けだしている。具合を聞くと、うん、大丈夫、とあっさり答えた。

申し訳なさに暗い気持ちになりつつも報告する。

「私、だめだ…」

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。