最も美しい平標への道 ★ 赤谷川笹穴沢 (中編)

  • Day:2013.10.31 21:36
  • Cat:
9/29(日)6:00 晴れの予感とともに出発。



クロガネの頭(標高1050)・・・なんだかいい感じの岩峰。登れるのかな?

sasaana_013.jpg

Read more...

スポンサーサイト

最も美しい平標への道 ★ 赤谷川笹穴沢 (前編)

  • Day:2013.10.26 19:31
  • Cat:
ワタクシ、

みや姉さんのお誘いで、ついに!!

sasaana_001.jpg


初めてのグラビア沢に行きました!


Read more...

信越トレイルでキノコ狩り


先週末は、まさかの谷川降雪!
で楽しみにしていた本チャンがつぶれ Σ(゚д゚lll)

うっかり忘れてた代案・
小川山ジビエ焼肉の会にも乗り遅れ・゜・(ノД`)・゜・。


と、いう紆余曲折で


なぜかやってきたのはウワサの信越トレイルハイクです☆



Read more...

1周記・脱!山がーるなワケ

本日は、いつのまにか迎えたブログ開設1周年です。

そもそもは、記念に記録を残したい山行があったのがきっかけですが、


・・・まさか1年続くとは~!

maeho4.jpg


Read more...

【還るべき場所】

★5つ。かなり面白かったです。

パートナーの死や人生と山を重ねて…というテーマは山岳小説としてはありふれているし、さらにはザイルの切断、もまたしかり(でもってマイ・ベストに入ってる小説「神々の山嶺」とも重なっている…)し、なぜ星5つ?

と考えると、この一冊の場合、それはやっぱり、構成と伏線の複々線化とキャラクターの厚み、と結論付けておこう。商業登山と先鋭クライミング、山の世界とビジネスの世界、過去と現在、さらには登場人物の思惑とトラウマ、それぞれの危機がアタックの日に向けて輻輳していき…

と同時に、

本当にこんな人物と出会え、このような人生観を語られたい、語られちゃったら生死の境をも超えてしまえるような気もする…と、心理を書き込んでいくのも忘れない、と

紙上でカタルシスを味わえる、つまり正しく冒険活劇なのでした。

ヤマと山ヤの物語、というテーマに私は興味があって、つまりはヒトを通して見るからヤマが面白い、という視点の持ち方をしている人には楽しめるストーリーなのではないだろか、と思います。

ちなみに山域が大切な人には…舞台がK2なのもちょっといいかも。



 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← ランキング参加中です。よろしければ押して頂けるとうれしいです♪

リベンジ達成!北岳バットレス4尾根 (登攀編)

☆アプローチ編から読む。   


2013年9月21日  3:00 御池小屋を出発。

すでにちらほら出発している人がいて、大混雑の予感・・・
昨日偵察しておいたおかげで、若干ルートミスしつつも、気が付いたらトップでBガリー大滝の取りつきに到着!
真っ暗闇の中だと、数10メートルの距離感もわからなくなるということを改めて実感しました。
ちなみに2番手は、昨日偵察中にお会いした3人パーティー。偵察、大事ね。

30分ほど、寒さに打ち震えつつ身支度しながら、じわじわと明ける朝を待つ。
5:20、岩が見えてきたのでようやく登ります!


buttress_06.jpg

Read more...

リベンジ達成!北岳バットレス4尾根 (アプローチ編)

去年はテント内で起き上がった瞬間に豪雨敗退した北岳バットレス・4尾根主稜。
今年は快晴の中、終始トップでのクライミング&山頂登頂も果たせ、最高のリベンジができました。

buttress_00.jpg

Read more...

匂い消しの決定版♪ 塩化ベンザルコニウム

匂いが気になるあれやこれや。私の場合、懸案はクライミングシューズ。知り合いに聞いた脱臭・除菌法がなかなか良かったのでご紹介です。ウエア等にも使えるようです。

クライミングシューズ用の匂い消しというと、定番はコレ

グランレメディ


Read more...

密かなオススメ岩稜ルート!200名山 荒沢岳

本当は聖~光岳を縦走する予定だったの…

ちょっぴり北アルプスを思わせるような厳しい山容のこのお山。
またまたまた、秘境・奥利根の隣、秘境・奥只見です。





お盆以降続くいまいちなお天気に、次々に離脱するメンバーにもめげず
夜11時、Kさん()とけいちゃん()と集合。
行き先未定のまま、天気の持ちそうな新潟に向け、関越を走る。


後ろの席で、うっかり寝落ち→ひっそり目覚めた私に、けいちゃん

 「寝てる間に、鎖場が面白いって聞いた荒沢岳にしようってことになったんだけど、いいかな?(にこっ)」

来週、それぞれジャンダルムと大キレットを控えているので、岩場の練習がしたいんだそう。

なすすべもなく私   

 「は、・・・・はい(寝落ち、ばれてた?)」


奥利根の次には、奥只見に行ってみたい・・・と思っていたけど、突然行くことになった謎の山域。
今回は、なぜか越後は荒沢岳、意外なオススメ岩稜ルートです。

ドコ?それ?というあなた。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。